二重で素敵な目へ【実年齢よりも若く見える】

手術の方法や費用

カウンセリング

手術には二つの種類がある

美容外科の二重術を大きく二つに分類すると、切開しない施術と外科手術があります。メスを使用しない、ノー切開の二重術は「埋没法」とも呼ばれています。埋没法で使うのは医療用の針と糸だけです。埋没法の施術には、さらに一点止めや二点止めなどがあります。一点だけで糸を固定するのが一点止め、点と点を結ぶようにラインを作るのが二点止めです。クリニックによって、三点を取る三点止めや四点を結ぶ四点止めなどもあります。固定する点の数が多くなるほどラインが自然にカーブした感じになり、さらに仕上がりの強度が増します。埋没法をしたいけど持続力が心配なら、四点止めなど強度が高い埋没法をするのがおすすめです。全切開法や部分切開法は、メスで目の上にラインを作る、切開を伴う二重術です。全切開法の場合、ノー切開の埋没法よりも華やかな感じに仕上がり、さらに持続力が高くなります。また、まぶたにたまった余分な脂肪を除去することで、よりぱっちりした二重になります。くっきりと堀の深い顔立ちになりたい場合は、埋没法よりも全切開がおすすめです。部分切開法はまぶたの一部分だけ切除する、リスクが低い二重術です。全切開法よりもダウンタイムが短く、腫れも治りやすいです。埋没法の手術費用は何点止めをするかで大きく違います。一万円程度で埋没法ができる美容クリニックもありますが、その場合はだいたい一点止めです。一点止めは一番簡単にできて体への負担が少なく、20分もかからず終わる二重術です。それ以上の二点止めになると片目で3万円、両目合わせて6万円ほどになるのが一般的です。三点で固定する埋没法は8万円、四点止めは10万円と高くなっていきます。固定する数が増えると手術費用が増しますが、一重に戻ってしまうリスクはほとんどなくなります。メスを入れて行う全切開法の二重術の場合、両目合わせて30万円前後の手術費用になります。基本的に手術費用には麻酔代も含まれています。部分切開法の場合は25万円前後が目安です。これから二重術をするなら、手術の特徴や手術費用についてよく調べておくことが大切です。手術費用は安くなると持続力が低下する傾向があるので、とにかく長持ちさせたいなら多少高くても二点止め以上の埋没法か、全切開法または部分切開法をするのがおすすめです。また、腫れない&痛くない二重術に取り組んでいるクリニックもあるので、手術をする前に相談してみて、自分にとって最適な二重術を選ぶことが大事です。