二重で素敵な目へ【実年齢よりも若く見える】

施術の種類や特徴

目を瞑る人

整形で得られるメリット

二重にするためには切る施術と切らない施術があります。切る施術は切開法と呼ばれるものなのですが、メスを使って深い線をまぶたに作ることによって二重を形成させることができます。切開法の最大のメリットは持続力です。半永久的に維持できるのが魅力です。まぶたを切開するので施術後の回復には時間がかかりますが、深い綺麗な線を作り出すことができます。まぶたが厚いタイプの方でも適応できる施術方法です。切開法とは異なり、切らない施術として埋没法があります。切らない場合、どのようにして線を作り上げるのかと言いますと、医療用の糸を使用してまぶたの内側を留めます。外から見たら糸で留めてあることも分かりませんし、糸を切ることで元の状態に戻せるのもメリットのひとつでしょう。美容整形を行った後に二重の線を変えたい場合でも埋没法ならば新たに線を作ることができます。施術後の回復も早く低価格で行えるのも埋没法の魅力です。女性はメイクを行うことですっぴんとは全く異なる印象になりますが、メイクを落とした素顔に自信が持てないという方も珍しくありません。しかし、美容整形で二重にすることによってその問題は解決できます。すっぴんでもナチュラルな二重を保つことができるのです。二重整形を行う時には気を付けなければならないことがいくつかあります。切開法によって二重を作る場合は施術後に腫れが生じます。まぶたを切開する訳ですから傷が完全に完治するまでに時間がかかるのです。タイムダウンを考えると長期の休みがある際に施術を受けたほうが良いかもしれません。施術後は目元のメイクをすることができない日が続きますので、周りに美容整形を行ったということを気づかれたくないのならば最低でも一週間から二週間程度の休みを設けたほうが安心です。切開法の回復は遅いのですが、数か月後には自然な二重を手に入れることができますし、持続力も半永久的です。埋没法を用いる場合は何点留めるかによっても仕上がりが変わってきます。まぶたが厚い場合は数か所留めなければ線を作ることができません。したがって、カウンセリングが重要になります。まぶたの形状によっては埋没法で対応できないケースがあるのでまぶたの厚みがある方は切開法も視野に入れましょう。埋没法は糸が切れると元の状態に戻ります。万が一、日常生活の中で糸が切れてしまった場合、アフターフォローしてくれるような美容外科ですと安心です。美容外科によって保証内容が異なりますので確認しておくと良いでしょう。